ベジファスはカロリーが低い!!

ダイエットする上で気にしないといけないのがカロリーですね。

 

ダイエット中はなるべくカロリーを節約して食生活を送ることが理想とされていますが、ここで気になるのがベジファスのカロリー。

 

高いのか?低いのか?

 

ダイエットサポートなんだから低いはずですよね。

 

けど、どのくらいなのか気になるとこです。

 

ベジファス1つ(1袋)のカロリーは9.6キロカロリー

 

なんと10キロカロリー未満

 

素晴らしい!

 

ちなみにこの9.6キロカロリーというのは、だいたいチンゲン菜100グラム程度。

 

次ではベジファスとカロリーとダイエットの関係性についてご紹介しますよ〜

カロリーを気にせずにダイエットを目指せるかも!!

ベジファスはカロリーが低い、そして便秘改善やダイエットにも効果が期待できますよ。

 

食事によるカロリー摂取を抑えるなら糖質制限ですよね。

 

けど、実際にやってみると結構大変です。

 

米や麺の料理は種類も豊富だし美味しいんですよね。

 

そこで、ベジファスの登場です。

 

ベジファスは糖質の吸収速度を抑えるとともに、食事の量も抑えてくれるのです。

 

特に意識にしなくても早めに満腹感を感じるので、自然と食事量を抑えることができるんですね。

 

無理に炭水化物や揚げ物などを控えなくても良いんです。

 

※もちろん、無理に食べ過ぎるのは良くないですよ。

 

好きな食べ物をカロリー気にせずに食べてもダイエットや便秘改善の手助けをしてくれるベジファス。

 

食前に1本食べるだけで良いので、簡単に続けられます。

 

あなたも試してみてはいかがですか?

 

→ 食前に1本食べるだけ!簡単ダイエットを始めるにはこちらから(公式サイト)

ベジファスは糖質を抑えてくれる!?気になるその成分と効果は?


最近流行っている糖質制限ダイエット。

 

効果が出やすいのはわかるけど、続けていくのって難しいですよね。

 

そんな人におすすめなのがベジファス。

 

ベジファスはゼリー状の食品で食前にたべるだけでダイエットをサポートしてくれる効果があります。

ベジファスは糖や脂肪をブロックしてくれる

ベジファスには食物繊維「難消化性デキストリン」がキャベツ2個分も含まれています。

 

この「難消化性デキストリン」には糖や脂肪の吸収を抑えてくれる効果があります。

 

食前に食べることで糖質の吸収が抑えられ、ダイエットのサポートをしてくれます。

 

糖質を吸収するとインシュリンという物質が分泌されるのですが、糖質の吸収速度が早いとインシュリンも一気にたくさん分泌されるのです。

 

そして、インシュリンは脂肪として蓄えられてしまうんですよ。

 

糖質の吸収が遅くなることで、必要以上のインシュリンの分泌を抑えることができるのです。

糖質ダイエットとの違い

糖質ダイエットではごはんや麺類などを減らすため空腹感に悩まされる方も多いです。

 

また糖質を減らしすぎて体調を崩してしまう方もいます。

 

そういった理由でダイエットをあきらめた方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、ベジファスは食前に食べるだけで、そのあとの食事の糖や脂肪の吸収を抑えてくれます。

 

キツイ食事制限をしなくても、糖質を制限したような効果が得られダイエットをサポートします

 

また、ベジファスがあることで糖質の量などを細かく気にせずに、バランスの良い食事を意識することで体調不良からも解放されます。

 

「ごはんや麺類がなかなか減らせない」
「食べる量を減らしたい」
「手軽に続けたい」
これらはダイエットの永遠の課題かもしれませんね。

 

でも、ベジファスを摂り入れることできっと課題もクリア出来ますよ

 

→ 続けられるダイエット!ベジファス購入はこちらから(公式サイト)