ベジファスの効果を発揮する飲み方はこれだ!

ベジタブルファーストを手軽に実践することができる機能性表示食品のベジファスですが、口コミでも評価が高く、「効果がすごい!」という声が多いようです。

 

糖質制限が続かない人や、普段からバランスの良い食事を取ることが難しい人、間食がやめられない人などにオススメです。

 

しかし、そんなベジファスですがどのような飲み方をすればいいのでしょうか?

 

「いつ飲んでいいかわからない」や「どのように飲んでいいかわからない」という人はとても多いと思います。

 

そこで、ベジファスの効果を発揮する飲み方を紹介します。

ベジファスを効果的に飲むには?

ベジファスは食前のタイミングで飲むことで最も効果を発揮します。

 

ベジファスに含まれる難消化デキストリンという食物繊維が食事の脂肪や糖の吸収を抑え、血糖値の急激な上昇を防ぐことに繋がります。

 

その結果、必要以上のカロリー摂取を抑えることに期待できます。

 

食物繊維は食前15〜30分前に摂取することで最も効果を発揮すると言われているそうです。

 

なので、飲み方としては食前15〜30分前にベジファスを食べておきましょう。

 

といっても仕事をしているとついつい忘れてしまうなんてこともありますよね。

 

アラームを設定しておいたり、昼休憩になったらすぐに食べ、15分後に昼食を食べるというように忘れない工夫をしておきましょう。

 

ベジファスはゼリータイプの機能性表示食品なので、袋を開けて飲むだけでベジタブルファーストを実践することができます。

 

野菜を切る手間や、ドレッシングを使う手間が無いんですね。

 

食前デザートをテーマに沖縄シークワーサー果汁とレモン酢によって仕上げられているのでとても飲みやすく、美味しく手軽に続けやすいんですよ。

 

→ 食前に食べるだけ!簡単ダイエットのベジファスはコチラから(公式サイト)

ベジファスの飲む時間って決まってるの?

ベジファスは食前に食べることで効果を発揮されますが、朝昼晩のどの食前が良いのか気になりますよね。

 

どうせなら一番効果的な時間に使いたいと思うのも当然です。

 

個人的なオススメとしては昼食または夕食前に食べるのが良いと思います。

 

昼食前がオススメな理由

 

お仕事をしていると、昼休憩の間に食事を済ませる必要がありますよね。

 

そして、昼食の後はちょっとのんびりしたいものです。

 

そのせいで、昼食を勢いよく食べてしまうことがあります。

 

早食い!良くない!

 

だからこそ、食事量を抑える効果のあるベジファスを食べておくのが良いのです。

 

また、夕食まで我慢できずに間食をしてしまうことも防ぐ効果も期待できますよ

 

夕食前がオススメな理由

 

一般的に夕食のほうが高カロリーな食事になってしまいませんか?

 

会社や友人との飲み会もあるかもしれませんしね。

 

いつ飲むべきか悩んだら、夕食前が一番無難だと思いますよ。

昼食・夕食の前と決めてしまう必要はありません。

 

日々の食生活に合わせて、ベジファスを食べるようにすればOKです。

 

「基本は昼食前、でも今日は飲み会だから夕食前に食べる」みたいに臨機応変に対応してくださいね。

 

→ 食べて続けるダイエット!ベジファスはコチラから(公式サイト)