ベジファスは効果なし!?それって正しい飲み方してる?

ゼリー1本にレタス2個分の食物繊維が含まれていることから人気のベジファスですが、「効果なし」と感じている人もいるみたいです。

 

食事制限系のダイエットで有名な「糖質制限ダイエット」や「置き換えダイエット」の効果を期待して購入された人にとっては物足りない商品なのかも知れません。

 

それもそのはず、ベジファスはダイエットに特化した食品ではないからです。

 

ベジファスは脂肪を燃焼させるものではなく、食事量や糖質吸収を抑えるものなんですよ。

 

そこでベジファスから得られる効果を最大限に高める食べ方をお伝えしましょう。

 

満足度の高い口コミを見ても、みなさんが実践している方法なので効果が期待できますよ。

ベジファスの正しい食べ方

守るべきことはたったの2つ。

 

継続すること、そして食前にベジファスを食べる事です

 

継続こそ重要!

最も大切なのは継続することです。

 

ベジファスは脂肪を燃焼するためのものではなく、食事よる糖質吸収速度を抑えることを目的としています。

 

日々の摂取カロリーを抑え、少しでも消費カロリー>摂取カロリーとして、長い目で見たときにダイエット効果を感じられるのです。

 

食べるだけで無理なく続けられるけど、効果をしっかり感じられるまでには最低でも1ヶ月は掛かると思ってください。

 

もちろん、自然と食事量が減ったという効果は早い段階で感じられるはずですよ。

 

軽い運動なども取り入れることで、効率的に「消費カロリー>摂取カロリー」の状態が作れますよ。

食前に食べるべきだが、いつ?

では、1日3回の食事のうち、どのタイミングでベジファスを食べれば良いのか気になるとこです。

 

ズバリ、オススメはまたはです。

 

理由は簡単。

 

お仕事をしているとお昼休憩中に昼食を食べますよね。

 

限られた時間の中で昼食を食べて、休息をしたいものです。

 

そのせいで、昼食を早食いしていしまうことがあります。

 

また、夕食までに間食をしてしまうこともありますよね。

 

これらを無理なく我慢できる効果も期待できるんですよ。

 

そして、夕食は一日の食事の中で最も高カロリーになりやすいです。

 

会社や友達との飲み会が入るかもしれないですしね。

 

ベジファスの効果を発揮する食べ方を守って、継続すれば「効果なし」という評価はきっと覆りますよ。

 

→ 無理なく糖質を抑える!ベジファスはコチラから(公式サイト)