ベジファスの持つ効果がすごい!?何故?どうして?

手軽にベジタブルファーストを実践できる機能性表示食品のベジファスですが、実際にはどんな効果があるのか知りたいですよね。

 

まずは、ベジタブルファーストについて知っていきましょう。

ベジタブルファーストとは野菜を先に食べることで脂肪や糖の吸収を抑える効果を狙うというものです。

 

ご飯や麺などの糖質から摂取すると、血糖値が急激に上昇してしまい、脂肪がたくさん蓄積してしまいます。

 

逆に野菜から食べることで血糖値の急激な上昇を防ぎ、脂肪の蓄積を抑えることができるというものです。

そんなベジタブルファーストを実践するのにうってつけなのがベジファスです。

 

ベジファスには一本あたりに難消化性デキストリンという食物繊維の一種が5g含まれており、これはレタス2個分の食物繊維量と言われています。

通常、ベジタブルファーストを実践する時は、食事の最初に野菜を15分以上かけて食べてから他のものを食べるという流れになります。

 

しかし、実際に15分かけて野菜を食べるって非常に難しいですよね。

 

でも、ベジファスならばスティックタイプのゼリーで3口ほどで食べきることができます。

 

たったこれだけでベジタブルファーストの効果を得ることができるんですよ。

ベジファス効果をもう少し詳しく

ベジファス効果により血糖値が急上昇することを抑えることになりますが、それが何故、脂肪蓄積と繋がるのかを説明しましょう。

 

糖質などの食物(エネルギー)を吸収すると、血糖値が上昇します。

 

また、インシュリンという物質が分泌され、エネルギーを全身へ運ぶことで血糖値が下がっていくのです。

 

血糖値が急上昇すると、大量のインシュリンが分泌されるということになりますよね。

 

体にエネルギーが行き渡っても、血糖値が十分に下がるまでインシュリンが分泌されるので余ってしまうんです。

 

余ったエネルギーは脂肪として蓄積されるということになるんです。

 

ベジファスは食前に食べておくことで、血糖値の急上昇を抑える効果があります。

 

つまり、「必要以上のインシュリンを分泌させなくて済む=無駄に脂肪を蓄えない」ということになるんですね。

もう一つのベジファス効果

血糖値の急上昇を抑えることは無駄に脂肪を蓄えることを防ぐという効果の他にもう一つの効果があります。

 

それは空腹感。

 

人が空腹を感じるのは血糖値が下がった時だと言われています。

 

血糖値が急上昇すると、大量のインシュリンが分泌され、血糖値を急降下させます。

 

つまり、短時間で空腹感を感じてしまうということ。

 

逆に血糖値の上昇を抑えると、下降もゆっくりになります。

 

つまり、空腹を感じるまでに時間が掛かるということ。

 

これの効果により、間食防止に期待が出来るんですね。

 

 

ベジファスは脂肪を燃焼させる効果を持っているわけではありませんせんが、ダイエットサポートとしては非常に優秀だと思います。

 

食前に食べるだけで、他に何かする必要は無いですからね。

 

食事量を抑える効果にも繋がっているので、ベジファスを続けるだけで痩せたという人もいるはずですよ。

 

→ 糖質吸収を抑えて、手軽にダイエット!ベジファス購入はこちらから(公式サイト)