妊娠中にベジファスを飲むと悪影響あるの?

妊娠中って体質も変化して、今まで平気だったものでも「食べてはいけない」なんて言われることがありますよね。

 

薬はもちろん、サプリメントでもたくさんの成分が含まれているから、気になってしまうものです。

 

調べてみる限りは、「妊娠中にベジファスを服用したことによって体調が悪化した」という声はありませんでした。

 

公式サイトでも「妊娠中は使用しないでください」という注意書きはありません。

 

成分的にも妊婦さんに悪影響を及ぼすようなものは入っていないようです。

 

では、妊娠中でも大丈夫なのかというと、「大丈夫」と断言することはできません

 

ベジファスは「機能性表示食品」と呼ばれるものです。

 

これは、「未成年、妊娠中、服薬中の方を除く、健康な人向けの食品」であることを意味します。

 

通常であれば、体に影響を及ぼすような食品では無い。

 

しかし、未成年・妊娠中・服薬中の方の場合は、メーカーはもちろん、医師でさえ予想できないような事態が起こることがある。

 

なので、該当する人が食べる場合は、自己責任ですよ。

 

ということを表しているんです。

 

つまり、メーカーが言いたいのは

ベジファスは体に悪影響を及ぼすことはありません。

 

だけど、妊娠中の人の為に(個人差のある体質変化に対応して)作ったわけではない。

 

なので、妊娠中の人は医師と相談してから食べるようにしてください。

ということですね。

 

個人的には、妊娠中はダイエットのことを考えずに、心身ともに健康を保つほうが重要です。

 

もし、医師から痩せるように言われている場合にのみ、ベジファスを摂り入れることを考えるようにするほうが良いですよ。

 

もちろん、産後ダイエットに利用するなら問題ありません。

 

忙しい子育て中でも手軽にダイエットが出来ますよ。

 

→ 忙しい子育て中の産後ダイエットにベジファスがオススメ!公式サイトはコチラから

ベジファスって男性にも効果があるの?


いまや女性誌などの多数のメディアで話題の「ベジファス」ですが、男性が食べても同じ効果が得られるのか気になりませんか?

 

口コミを見ても女性の口コミが圧倒的に多いこの商品ですが、もちろん男性にも効果あります。

 

お腹まわりが気になりだしたけど、運動する時間ややる気もない。

 

健康のためにも痩せたほうが良いことはわかっているけど、忙しい毎日を過ごすとなかなかダイエット出来ないんですよね・・・

 

そんなあなたのために今回は、ベジファスが男性にもたらす効果や、特にどのような人におすすめなのかをご紹介します。

ベジファスは中性脂肪や血糖値が気になる男性におすすめ

ベジファスは中性脂肪や血糖値が気になる男性にオススメです。

 

ベジファスにはレタス2個分に相当する食物繊維が含まれています。

 

食事は野菜から食べると糖や脂肪の吸収を抑えるというのは有名ですが、食事前にベジファスを食べると、レタス2個分の食物繊維が手軽に摂れちゃうというわけです。

 

特に日中働いている男性の昼食って、好きな物を短時間でかきこんでしまいがちですよね。

 

職場の同僚との飲み会もあるでしょう。

 

そんな時にこのベジファスが効果を発揮するというわけです。

 

食べ物だけでなく、お酒にも効果的です

 

食前15分ほど前にベジファスを食べるだけで、食事やお酒による血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。

 

ダイエットはもちろん、健康ためにもベジファスを摂り入れた生活をすることをおすすめします。

 

糖尿病、高血圧、心筋梗塞など、現代の食事によって引き起こされる病気は命に関わるものが多いです。

自分の体型と食生活が気になる人はすぐにでもベジファスダイエットを始めてください!

1日1本だけ、しかも個別包装されているので持ち運びにも便利。

 

手間は掛かりません!

 

ベジファスの良いところをまとめると

  • 糖や脂肪の吸収を抑え、血糖値の上昇を緩やかにする
  • 野菜嫌いでも食べられる
  • 食物繊維の働きで便通が良くなる
  • 持ち運びがしやすく、いつでもどこでもサッと食べられる

→ 多忙な男性でも簡単ダイエット!ベジファス公式サイトはコチラから